カテゴリ:雑記( 204 )   

惜別の合いがけ   

b0010258_8401939.jpg

8月の終わり、泊まり出張の朝、間もなく営業を終える、築地市場内にある「中栄」さんへ。
市場で働く方々は忙しい。掻き込める丼ものや「かけもの」を求めることから贔屓にされながらも、市井の我々にも支持される万人型のカレー。
百年以上続くその味は、手軽さの裏で、恐ろしく手前をかけて作られており、単なる「かけもの」ではない。合いがけ(写真はインドとビーフ)の他にも、目玉焼きや野菜スープ(すこぶる熱い!)など、オプション・サイドメニューも多い。
広く愛されたこの店、豊洲へ移転する10月以降はどうされるのかな。。。
[PR]

by hityoujp | 2018-09-23 08:40 | 雑記

レトロな店内とシャープなカレー   

b0010258_12412694.jpg

(行ったのは1ヶ月前)
珍しく完全プライベートな上京。恩師のラストコンダクト(引退ステージではないから本当はなんて呼ぶのかな)観賞が目的。池袋12時30分がリミット。東京駅着は10時前。あちこち行くほど時間はない故、近場で土日に開いている店をリサーチ。マイリスト的には欄外(苦笑)だけど、35度オーバーの酷暑の中、あまり歩かない場所だしと自らを納得させ、淡路町へ。開店にはまだ間があるので、近くのガード下ビアスペースへ・常陸野ネストで一杯引っかけてから、写真のカレーを供する店・トプカへ。
創業は古く、実は結構な頻度でレトルトを頂いているのだが、リアル店舗は初めて!何とも言えない味わいのあるレトロな店内。写真はないが、壁のメニュー表示も、それ相応の年月が経たなければ出せない雰囲気を醸し出しており、カレーそのものへの期待感も否応なしに高まる高まる(笑)

さて、届いたカレーは、レトルトのそれと同じ、全くとろみのない、さらっさらのルー。味わうと、、、噂に違わぬシャープな辛さBut全く後は引かない!吹き出す汗と共にスプーンが止まらない。トップオブカレーを目指すトプカ。その名に違わぬ矜持を味あわせて頂きました。
[PR]

by hityoujp | 2018-09-12 12:41 | 雑記

久々、歩きまくった(2)   

b0010258_1457875.jpg

銀座を後にして、宿のある両国へ。4月の声を聞くと同時に、それまで6千円台だった定宿が、軒並み7千円台後半になり、ちょいと便の悪い両国が本日の投宿先。
ここから、昼下がりの東京でどうしようか、と、贅沢な悩みを抱えて電車に揺られ、行き着いたのは、西荻窪。ここの駅前には、都西部の昼酒の聖地・戎があります。時間は16時!既に屋外席では、大先輩方が出来上がり状態。心置きなく、(えびすだけに)エビス黒で一献。名物・イワシコロッケを酒肴に、小さな幸せを感じ、さくっと小瓶一本で、お会計としました??
[PR]

by hityoujp | 2018-07-04 14:57 | 雑記

久々、歩きまくった(1)   

b0010258_1344353.jpg

すげー、こんなに書いてないのか、ブログ。。。
でも、めげずにブログの良さに感謝して書く(苦笑)

時は4月20日。珍しく連泊の出張。休みも溜まっていたので、午前中仕事して、午後は休みを頂いた。
一仕事終え、荷物をロッカーへ預け、いざ、炎天下の中をエネルギー補給(カレーね(^.^))しに、まずは京橋へ!丸の内から京橋は、地図上は近いが、日陰が少なく、結構遠く感じるもの。とはいえ、フェイバリットなヤツが待っているかと思えば、向かう足も早くなるというもの。いつもの路地を曲がり、階段をと思ったら、ガーン!「申し訳ございません。本日臨時休業!」との貼り紙。。。すげえ確率(>_<)
気持ちを切り替え、銀座を目指す!目指した先は、写真の店・煉瓦亭。日本の洋食の草分け店の一つ。明治28年創業で、様々な看板メニューがあるが、頼んだのはもちろんカレー。ポークベースで適度なとろみ。具は、肉片以外は、ほぼ皆無。店の雰囲気もご馳走です。
歩きに歩いた空腹を満たしてくれました。
さて、荷物をホテルに置きに行くかな。。。
[PR]

by hityoujp | 2018-07-04 13:44 | 雑記

父の日の贈り物   

長男、最後の市中体、昨日おわた。。。
自分が、プレーできないけど、応援できる、熱くなれるのは、やっぱいいやね~✨

しかしだ、団体戦の三位決定戦、相手はお隣の中学校。昨年から専任のコーチを入れて、メキメキ力を付けてきたのだが。ウチの顧問曰く、予選リーグで1位になると、優勝候補と対戦し、三位決定戦に回れなくなり、県大会出場の可能性がなくなることから、敢えてリーグ2位となり、目論見通り三位決定戦でウチらと対戦。確かに見ていても、レフェリングにも、かなり細かく口を出し食い下がっていた。県大会までは、対戦校同士で審判を出し、互いにレフェリングをするのがルール。他のチームは、微妙なラインズマンのレフェリングでも、審判は絶対の精神を守っていただけに、どうにも、コーチの指導方針が見えて仕方がない。。。
フルセットの末、なんとか3位で県大会へ。個人戦も、ダブルス2位、シングルス3位でこちらも県大会へ。

子どもたちのために、県大会出場の目標を叶えてあげたい!その気持ちは、どのチームの監督・コーチも同じ。ましてや、県大会出場常連校でなければ、尚更。
しかし、中学校の部活は、それ以外の何かを醸成することを第一義に据える場ではないのですかね。。。
勝利至上主義、まではいかなくても、それに近い感覚(次を考えて、ここは敢えて負けに行く)を体感させる場ではない気がするのですが。

我が子は、チームの同級生・後輩の実力には及ばず、ベンチウォーマーではありますが、少なくとも、そんな計算ずくの指導をするコーチの元で過ごさなかったことが幸せでした。

さ、残り一ヶ月、目一杯練習して、部長として悔いのないマネジャー&バイプレーヤーに徹してくれ!(^^;

形はないものの、父の日の贈り物としては、この上ない"考え方"をもらった日となりました??
[PR]

by hityoujp | 2017-06-19 09:17 | 雑記

桜満開の越の国へ②   

b0010258_8271418.jpg

クラフトビール館を5分で退出し(苦笑)、向かうは、駅舎を挟んで反対側・万代(ばんだい)口正面に拡がる繁華街。ココのほぼ中心部に位置する「鳥忠」。
こちら、大箱だからとたかをくくっていたら、20時を過ぎてるのに、カウンター2席以外は満席!滑り込んだ席で頂いたのが写真の「鶏の半身揚げ」。
名物らしく、20分位かかるにも拘わらず、方々からオーダーが!人気に違わず、パリッ!ジュワッ!の熱旨!まあ、ビールと焼酎が進む進む。。。気付けば、ツマミはこれとお新香だけ。
大満足で二軒目終了!

さ、落ち着いたBarはあるかな~
[PR]

by hityoujp | 2017-04-19 19:44 | 雑記

桜満開の越の国へ①   

b0010258_8282739.jpg

今年の元旦、昨年は喪中だったため、一年ぶりの年賀状を眺めていると、大学の部活同期が結婚したとの報せ。悪いヤツではないが、物静かを絵に描いたような男で、とんと結婚とは縁がないと思い込んでいた。
それ故、(後から話を擦り合わせると)同期皆が、年賀状を手に取り小躍りしたらしい(^.^)

さて、ラッキーなことに、式の前日に東京出張が入り、新潟に前乗りすることに。当時、お互いのボロアパートを行き来した同期も、前乗りするというので、前祝いと洒落混むことに。。。

9年ぶりの再会はホテルロビーで。まずは、一献。
駅一階に、まるで新潟駅の玄関のように位置する「クラフトビール館」。飲むは、地元・スワンレイクビールのポーター。内外から高評価を得ている黒ビール。流石のバランスで、コクとキレが同居する。
ハーフパイントで¥500。ココはこの一杯で切り上げる。さ、名物食べに行くぞ!
[PR]

by hityoujp | 2017-04-19 09:07 | 雑記

老舗に学ぶ   

b0010258_16233948.jpg

(11月の訪問記事です)
神保町の地下に、唯一無二「スマトラカレー」の店として居を構え幾星霜。椅子や机にも重厚感があらわれ、訪れた側も、背筋がシャンとする。
迎えるスタッフも、手慣れており、淀むことなく客を捌くも、決してぞんざいには扱わない。そこには、おもてなしの心があるからでは、なかろうか。

頂いたのは、牛タンカレー。この店の看板メニューではないものの、間違いなくスペシャリテ。数種類のカレーを、全て別々に仕込んだソースで提供する。コクのある味、と表するのは、いささか申し訳ない気がする。慈しみ深い味。コレがしっくり来る。くどくないのがベストと言える齢になったな。。。
[PR]

by hityoujp | 2016-12-24 16:23 | 雑記

ゆっくり一献   

b0010258_6194345.jpg

知人の息子さんの演奏会の後、ありがたくも夕飯をご馳走になり、駅にて一人、夜のビル街を眺めながら一献。
茨城県のブルワリー・木内酒造さんが展開する常陸野ブルーイングラボの東京二号店。八重洲の街を眼前に臨む東京駅・グランルーフに、12月1日にオープンしたばかり。スタンディングで飲っても違和感のないつくり。
キャッシュオンデリバリーで、カウンターで受け取ったのは「スウィートスタウト」。甘さと重厚さが一度に味わえる、季節限定の一本。
ご馳走様でした(^.^)
[PR]

by hityoujp | 2016-12-06 06:19 | 雑記

積年カレー   

b0010258_8461877.jpg

(10月の訪問記事です)
何軒かある、行きたいけど地理的物理的に行けないカレー屋さんは、自分のなかで「積年カレー」と位置付けられています。
その一つが、池袋の先・要町にある「かえる食堂」。大きな通りから路地を入った思いっきり住宅街のど真ん中にあります。知らなければ間違いなく見落とします。実際一度通り過ぎました(苦笑)
カウンター7席のみなので、開店から間も無くすると地元の方とおぼしき常連さんで埋まります。
頂いたのは慈味たっぷりの野菜とチキンのカレー。チキンは、手間暇かける王道・ヨーグルトチキン。香ばしさと柔らかさが同居してます。自分の好みである、完全サラサラ系。
便が良ければ、間違いなく通うのになあ。。。
[PR]

by hityoujp | 2016-11-19 08:46 | 雑記