北の大地はかくも温かく(2)   

b0010258_18122611.jpg

さて、早朝の函館は、当然ながら寒い((⛄))まだ、朝市も開かない時間に、ホテルフロントで先輩と待ち合わせ函館駅へ。開店を待って駅弁ゲット!ここまでときめかないのは、それがセブンイレブンの幕の内だから(苦笑)始発の特急で駅弁気分を(少しだけ)楽しみ、いざ、札幌へ!
しかし長いね、この区間。旅情は楽しめるけど、ビジネスには不向きだと、ようやく実感。出発が早い分の睡眠負債は、車内でと思ったが甘かった。まあ、寝れないこと😅いかに新幹線のシートが優れたものかを実感。10時前、4時間余りの朝駆けの車体は、札幌駅へ滑り込みました。
スーツケースをロッカーへ入れ、まずは一服。スケジュールを確認し、鈍行へ揺られ、最終目的地・江別市へ。
写真は今回の仕事場所。ここの学食で鯖塩定食(驚愕の360円!)を食べてから一仕事。帰りは駅まで歩いて、再び札幌へ。明日も始発故、まずはお土産を購入し、宿まで地下鉄を3駅。
チェックインして、ひと休みしてから、さあ、慰労会!宿オススメの串カツ屋さんで、もちろんサッポロビールで乾杯!先輩、刺身系がNGなもんで、北の大地で串カツ屋です👍
宿に戻り、先輩は追加のお土産を買いに別行動。じゃオレもと、ビアパブへ。街外れの住宅街にある「澄川醸造所」は、我らがベアレンを定番タップとして扱っているブルワリーだ。何故にベアレンを、という問いから様々なエピソードをお聞きし、3杯も頂き、寒空を眺めながら、三度、宿へ戻り、札幌の夜は更け行くのでした。今更ながら、ススキノ、行っておくべきだったかなあ😅

ちなみに翌朝は家路に戻るだけなので、徒然の記は以上!

# by hityoujp | 2019-03-16 18:12 | 雑記

北の大地はかくも温かく(1)   

b0010258_08410241.jpg

記録です(苦笑)
江戸への出張は数あれど、札幌への出張は初、というか今後はないことを祈りつつ、徒然と綴らせてもらいます。

2月14日、帰宅されないんだったら、週明けに渡しますね~、という(完全義理)職場マダムたちの声を背に、いざ北へ。
(写真はあとでアップね)他部門の先輩と盛岡へ向かい、車を置いて、旅の安全と一日の頑張り(この日は一日研修)を労いに、閉店カウントダウンの、駅地下ベアレンへ。カボスラードラーで惜別の一杯。閉店の英断に幸あれ。
車内での追加麦酒とアテを買い、函館までのはやぶさへ乗り込み、身を預ける。どこへ向かうにしても、この時間に旅路へ着くのは、仕事とはいえ、ワクワク感がある。とはいえ、やはり車窓から全く風景が見えないのは、なにか寂寥感があるかな。あれこれ思案している間に、車両は海底へ。宿の確認をしていると、程なく終着駅・新函館北斗駅へ。すぐに函館行き列車に飛び乗るため、新駅の香りは嗅ぐこともなく。今後、札幌まで延伸しても、この駅は栄えようがないのだろうな、と思うと、なんとも切ない。
函館ライナーは、20分程で函館へ。ホテル方面の出口から、駅を出るや、先輩と一言・さみぃなあ(笑)やはり北海道。同じ北国、盛岡とそんな変わりないと、タカをくくっていただけに、余計に寒く感じたか?何よりもそれを如実に表していたのが、道路。歩道はもちろん、車道までが圧雪状態。気温の低さの裏付けに他ならない。
キャリーバッグを(引きづれずに)持つ手が厳しくなってきた頃にホテル着。東横イン朝市。シンプルイズベスト。函館名物・朝市を通り過ぎたところにある。他にもありそうだが、最初に付けたもん勝ちなのか?
チェックイン、フロントクロークの男性が、岩手からですか?自分は宮古の出身です!との言。一気に距離が縮まる。
その後、先輩は近くにいる大学生の娘さんと食事とのことで、フロントクラークの宮古ボーイに聞いた焼き鳥屋へ向かい腹を満たし、駅前のホテル(フォーシーズンズ系)最上階のオーセンティックなバーにて、夜景を見つつ、モスコミュールとミントジュレップを。若いバーテンさんながら、しっかりしたお仕事。
外は北の大地そのものでしたが、人の温かさにふれた函館の夜となりました。
さ、翌朝は6時初の札幌行き!寝るよ(-.-)Zzz・・・・

# by hityoujp | 2019-02-16 08:41 | 雑記

惜別の合いがけ   

b0010258_8401939.jpg

8月の終わり、泊まり出張の朝、間もなく営業を終える、築地市場内にある「中栄」さんへ。
市場で働く方々は忙しい。掻き込める丼ものや「かけもの」を求めることから贔屓にされながらも、市井の我々にも支持される万人型のカレー。
百年以上続くその味は、手軽さの裏で、恐ろしく手前をかけて作られており、単なる「かけもの」ではない。合いがけ(写真はインドとビーフ)の他にも、目玉焼きや野菜スープ(すこぶる熱い!)など、オプション・サイドメニューも多い。
広く愛されたこの店、豊洲へ移転する10月以降はどうされるのかな。。。

# by hityoujp | 2018-09-23 08:40 | 雑記

レトロな店内とシャープなカレー   

b0010258_12412694.jpg

(行ったのは1ヶ月前)
珍しく完全プライベートな上京。恩師のラストコンダクト(引退ステージではないから本当はなんて呼ぶのかな)観賞が目的。池袋12時30分がリミット。東京駅着は10時前。あちこち行くほど時間はない故、近場で土日に開いている店をリサーチ。マイリスト的には欄外(苦笑)だけど、35度オーバーの酷暑の中、あまり歩かない場所だしと自らを納得させ、淡路町へ。開店にはまだ間があるので、近くのガード下ビアスペースへ・常陸野ネストで一杯引っかけてから、写真のカレーを供する店・トプカへ。
創業は古く、実は結構な頻度でレトルトを頂いているのだが、リアル店舗は初めて!何とも言えない味わいのあるレトロな店内。写真はないが、壁のメニュー表示も、それ相応の年月が経たなければ出せない雰囲気を醸し出しており、カレーそのものへの期待感も否応なしに高まる高まる(笑)

さて、届いたカレーは、レトルトのそれと同じ、全くとろみのない、さらっさらのルー。味わうと、、、噂に違わぬシャープな辛さBut全く後は引かない!吹き出す汗と共にスプーンが止まらない。トップオブカレーを目指すトプカ。その名に違わぬ矜持を味あわせて頂きました。

# by hityoujp | 2018-09-12 12:41 | 雑記

カレー 備忘録   

ちょいと溜め込んでしまったので、新店開拓の情報だけ保存・アップ。

まずは、最近のリスペクト&リコメンド、盛岡はEndoのサグチキン。
b0010258_00374245.jpg
ほうれん草のくさみが全くなし!

続いては、同じEndoさんの、羊キーマ
b0010258_00372993.jpg
粗挽き&羊のクセがたまらない、本物のキーマ。

次は東京・錦糸町の、超マニアックな店・アジアカレーハウスの日替わりカレー
b0010258_00371997.jpg
基本はパキスタンカレー。旨いだけじゃない、雰囲気もごちそう。雑多な感じはココじゃなきゃ
出せないよね。。。

最後は、神保町・ビストロべっぴん舎のカシミールカレー。
b0010258_00375380.jpg
激戦区どころか、レジェンド店であるエチオピア本店の並びにある、良店。
シンプルだけどスパイスの使い方が抜群。真似したいな、コレ。

# by hityoujp | 2018-07-13 00:47 | カレー

久々、歩きまくった(5)   

さあ、気まぐれで書いたこの行脚もこれでおしまいです♪

日暮里を後にして、実はアテもなく山手線に乗り込み、、、、秋葉原あたりで思い立ち、日比谷線に
乗り換え降りたるは、人形町。
google先生のお世話になり、辿り着いたるはこちら!
b0010258_19315132.jpg
NIHONBASHI BREWERY
自家醸造はしていませんが、委託醸造をされているようですね。

この、升にグラスを入れて、モッキリに仕立てたタイプが看板
スタイル。アテとして供されるのは、煎ったホップ!香ばしい
なぁ。。。ポリポリ摘まんで、こちらも20分ほどで、あばよ!

この後は写真なしなので、続けて~~~


続きはこちら

# by hityoujp | 2018-07-12 19:50 | 外呑み

久々、歩きまくった(4)   

b0010258_19360510.jpg
今更ながら、歩きまくった、とタイトルを書きながらも、飲みまくったにしておくべきだったと思ったが、そのまま行きます??
ここからは翌日の行脚。

翌日は16時に仕事を終え、7時から仕事をして眠いなぁとは思いながらも、貴重な機会と心を奮い立たせ(笑)、いざ日暮里駅へ。
向かうは、近年、観光地と言っても差し支えないくらいの賑わいをみせている、夕焼けだんだんでお馴染みの、谷中銀座商店街。季節外れの日射しの強さで、汗を拭きつつの、街歩きとなりました。
スタートは、階段下にある、アウグスビールさんで。
東京の下町に根差した醸造元で、飲み歩き用の、小さいサイズで提供してくれます!味わいも、それ用でスッキリ。メンチカツをお伴に、30分程の散策となりました??

# by hityoujp | 2018-07-12 19:36

久々、歩きまくった(3)   

b0010258_19321779.jpg

西荻窪を後にして、一度会社に帰るであろうリーマン(死語)たちで混雑する総武線へ乗り込み(酔いがまわる。。。)、さて、まだ4時半だよと思い、ふと思い立ち、代々木で降り、大江戸線に乗り換え、向かうは東京タワーの真下・赤羽橋。薄くライトアップされたタワーを横目に、急坂を登り目指すのは、徳島発地ビールのタップルーム、その名も「RISE&WIN Brewing KAMIKATZ TAPROOM」。徳島県は上勝(かみかつ)町で、マイクロブリュワリーを運営する同社(町名にかけているわけです)が展開するビアパブ。数年前に雑誌で読んで訪れたいと思っていた場所だ。開店までまだ30分もあるので、付近をウロウロしてみると、各国の大使館が多いせいか、シャレオツ(これも死語??)な店の多いこと。こちらの店も同様で、フラッと飲みに来るフォーリナーが多いそうだ。
ゆこう(柑橘類?)の皮を使ったフラッグシップは、歩きまくった体にはピッタリ。ピクルスを摘まんで、こちらも30分程で後免。
この後は、ホームである錦糸町のビアパブで、ベアレンをしこたま飲んで、おしまーい、と相成った??

# by hityoujp | 2018-07-10 19:30 | 外呑み

久々、歩きまくった(2)   

b0010258_1457875.jpg

銀座を後にして、宿のある両国へ。4月の声を聞くと同時に、それまで6千円台だった定宿が、軒並み7千円台後半になり、ちょいと便の悪い両国が本日の投宿先。
ここから、昼下がりの東京でどうしようか、と、贅沢な悩みを抱えて電車に揺られ、行き着いたのは、西荻窪。ここの駅前には、都西部の昼酒の聖地・戎があります。時間は16時!既に屋外席では、大先輩方が出来上がり状態。心置きなく、(えびすだけに)エビス黒で一献。名物・イワシコロッケを酒肴に、小さな幸せを感じ、さくっと小瓶一本で、お会計としました👍

# by hityoujp | 2018-07-04 14:57 | 雑記

久々、歩きまくった(1)   

b0010258_1344353.jpg

すげー、こんなに書いてないのか、ブログ。。。
でも、めげずにブログの良さに感謝して書く(苦笑)

時は4月20日。珍しく連泊の出張。休みも溜まっていたので、午前中仕事して、午後は休みを頂いた。
一仕事終え、荷物をロッカーへ預け、いざ、炎天下の中をエネルギー補給(カレーね(^.^))しに、まずは京橋へ!丸の内から京橋は、地図上は近いが、日陰が少なく、結構遠く感じるもの。とはいえ、フェイバリットなヤツが待っているかと思えば、向かう足も早くなるというもの。いつもの路地を曲がり、階段をと思ったら、ガーン!「申し訳ございません。本日臨時休業!」との貼り紙。。。すげえ確率(>_<)
気持ちを切り替え、銀座を目指す!目指した先は、写真の店・煉瓦亭。日本の洋食の草分け店の一つ。明治28年創業で、様々な看板メニューがあるが、頼んだのはもちろんカレー。ポークベースで適度なとろみ。具は、肉片以外は、ほぼ皆無。店の雰囲気もご馳走です。
歩きに歩いた空腹を満たしてくれました。
さて、荷物をホテルに置きに行くかな。。。

# by hityoujp | 2018-07-04 13:44 | 雑記