花巻の奥座敷へ  8月2日   

b0010258_16391719.jpg

義父の還暦お祝いで、東京から義姉夫婦も帰盛し、ここ佳松園へ行ってきました。
いわずと知れた、皇室御用達の花巻温泉の奥座敷です。
今般の企画は義姉の発案で、いっちょ奮発するから協力しなっ!的なモノ。まあ、
二度と行くことはないだろうから、家族ともども楽しむか、と、子供たちも連れて来ま
した。

かなり長文故、続きは下からにしました。




まずはこれ。
b0010258_6165717.jpg

b0010258_617136.jpg

義夫妻の部屋。応接&ベッドルームが付いており、豪華な上に、内風呂が檜!
どうやら、檜の内風呂はどの部屋も標準装備。ランクが違いますなあ。。。
一っ風呂浴びて、夕食です。
b0010258_621299.jpg

前菜は夏らしい彩りで。無花果の西京焼きを手前に、焼き姫筍、鮎の甘露煮
秀逸なのは、ほうずきに盛られたチーズ玉子。くどくないコクにリピートしたくなり
ました。右上のグラスにはじゅん菜と梅が。先付けらしい、ラインナップでした。
b0010258_6211841.jpg

先付けは、じゃが芋と南瓜の二色ムース。これにワイン煮された貝柱ととんぶり
添えられていました。まあ、このムースの絶妙なマッチング。これは、帰宅後、試す
価値ありと。どちらもクリーミーでいてくどくない、プロローグには最適な一品でした。
b0010258_6213153.jpg

続いてお造り。本マグロ、牡丹海老、ツブ貝、松皮鰈、と定番の装い。海老の頭は
自分に集中。身よりも好きかも・・・。しっかり、宮守産の根山葵を、その場でおろして
添えてくれました。
b0010258_6332990.jpg

吸い物は、鱶鰭と冬瓜のスープ。フカヒレの食感はあまり感じられませんでしたが、
胃を休める優しいスープでした。
b0010258_6355187.jpg

ここからは、スペシャリテの3重奏。まずは、殻雲丹の玉子蒸し。もっこりした粒雲丹
とやわらかな玉子のハーモニー。中心にはじゃが芋の角煮(?)も。遊び心も入った目にも
インパクトの強い一皿でした。
b0010258_636763.jpg

お次は、迫力満点!吉次の汐焼き。脂のり・焼き加減ともに申し分のない、皆が黙って
食べ続けた、文句なしの逸品でした。骨までしゃぶったぞ!
b0010258_6362447.jpg

スペシャリテラストは、前沢牛塩釜焼き。まあ、言わずもがなでした。下のご飯と一緒
にいただきました。
b0010258_64336.jpg

食事はこのセット。右はひっつみですが、これに本山葵を摩り下ろしていれる、サプラ
イズ。これが、殊のほかイケました。これは、新たな発見。是非、お試しを。
b0010258_6445738.jpg

デザートは、南部杜氏のアイス。コクがあるバニラアイスながら、さっぱり感もある人気
のアイスをここでいただけるとは。納得のスイーツで〆。

あとは夢の中へ一直線。

朝食は以下のラインアップ。
b0010258_12573622.jpg
b0010258_12574962.jpg
b0010258_1259308.jpg
b0010258_12595265.jpg


極々普通のラインアップながら、ゆったりした気分の朝食で満足でした~~
[PR]

by hityoujp | 2008-08-03 06:51 | 旅行 | Comments(2)

Commented by kao at 2008-08-04 08:46 x
旅先からのコメントをありがとうございました~♪
それにしても佳松苑に親戚皆さんでお泊りとは贅沢~♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ う、羨ましいですぅ。
ご飯つくり人にとっては、上げ膳据え膳が一番嬉しかったりしてw
Commented by hityoujp at 2008-08-08 18:58
#kaoさん、無料PCがあったので、サクサクやりました。
贅沢~~とは思いましたがね。。。まあ、普段子供たちが、
爺ちゃんにはかなり世話になっているので。。。

確かに上げ膳据え膳は、魅力的でした~~最初から、最後まで
座っていましたから(笑)

<< 一品・逸品  8月8日  カレー二題  7月30日、31日  >>