13日だったか・・・   

昨年9月の胃切除から10ヵ月。ホスピスに入ってから5か月。梅雨も明け
ない、うだるような暑さの7月13日、母が、父と兄がいる彼岸へ渡りました。

体力が限界だと思いますと、主治医から告げられ、この1週間、病室へ
泊まり込み、そこから出勤の毎日。もうちょっと親子喧嘩をと思いながら、
10日あたりから、口数がめっきり減り、ああ、近いなあ、どの日を選ぶ
んだろう・・・・と思う毎日。。。
というのも、家族の命日は、かならず近親の誕生日や命日と同じ日。
祖母は母の誕生日。父は曾祖母の誕生日。兄は父の誕生日。さて、
母は・・・・7月9日を過ぎ、ああ、息子の誕生日は越えたか~~。
11日を過ぎ、ああ、父と兄の命日は越えたか~~12日を過ぎ、おお、
自分の誕生日を越えたか~じゃあ、オレの誕生日21日まで大丈夫!
とタカをくくっていたら、13日の午前、5時に病室を出た時は、元気な
寝息をたてていたので、安心して出勤したら、10時過ぎに、すぐに!
との呼び出し。いやいや、日中は、今日は反則だろう。また、死に目に
合わせない試練をくれるのか。。。 ほんのわずかのタイミングですが、
これまで自分は、家族の死に目にあっていません。今回も、との思い
がよぎりましたが。。。間に合いました~~まだ意識はある。息もある!
ばあちゃん子の次男も学校早退から間に合った!次男が来たよ!と
声をかけると、反応、少し目に涙かな。大好きな孫に会えて安心した
かな。息を引き取りました。

13日。。。。兄貴の誕生日かよ~~~ それは読めなかったなあ。

やっぱ最後まで、オレとは喧嘩しっぱなしか~~~

と、思う中、一言づつ書いてある日記帳「7/12 早く息子を楽にしたい」
やられた・・・・ ありがとう、最後は報われたなぁ。。。

さ、葬儀まで、頑張るよ♪
[PR]

by hityoujp | 2015-07-14 18:47 | 雑記 | Comments(4)

Commented by kazz-5063 at 2015-07-14 23:21
ご冥福をお祈りします
Commented by hityoujp at 2015-07-15 07:22
kazz先輩、ありがとうございます。
貴重な独白の場がこのブログです。
コメント、感謝です♪
Commented by 紫陽花 at 2015-07-15 21:43 x
がんばりましたね。

ありがとう、優しい息子を持って幸せでした・・・

そんなお母さまの声がきこえます。
Commented by hityoujp at 2015-07-18 09:39
紫陽花さん、コメント、ありがとうございます。

最後まで、口げんかがコミュニケーションの手段の親子でした。孝行なんて、とんでもない、これからかな。。。?

<< 世俗との離別 想い。もうちょい繋げて >>